• ホーム
  • フケに悩まされたらケトコナゾールで頭皮を守る

フケに悩まされたらケトコナゾールで頭皮を守る

毎日きちんと頭を洗っているのに、すぐに出てきてしまうフケ。
周りの目も気になるし、抜け毛につながるのではないかと心配にもなってしまいます。
体質だから仕方がないと考えてしまいがちですが、頭皮の環境は「ケトコナゾール」という成分で改善することができます。

フケが異常に増えてしまう原因の一つに、「マラセチア菌」の増殖があげられます。
マラセチア菌自体は決して悪いものではなく、誰の肌にもいるものです。
頭皮にはもともと様々な菌が存在していますが、常在菌のバランスが崩れると頭皮環境が悪化し地肌のターンオーバーが乱れ、かゆみやフケの原因となってしまいます。

マラセチア菌が増殖する原因は、ホルモンバランスの乱れやストレス、栄養不足、頭皮の洗いすぎなど様々な理由が考えられます。
こういった原因の改善ももちろん大切なのですが、最も重要なのは一度増えすぎたマラセチア菌を殺菌し、正常な量に減らすことといえます。

ケトコナゾールは真菌に作用する成分のため、真菌が原因の皮膚疾患に使用される薬などに配合されています。
頭皮に使用するとマラセチア菌の増殖を抑制し常在菌のバランスを正しい状態に整え、フケやかゆみを抑えてくれます。
また、ケトコナゾールには過剰になっている皮脂の分泌を抑える働きもあるので、地肌の油分のバランスを整え、清潔な状態に保つことができるのです。

即効性のある薬ではないので、少なくとも1~2週間は継続して使用する必要があります。
一旦かゆみやフケがおさまっても、再発予防のためにもしばらくは使い続けることをお勧めします。

ケトコナゾールが配合された外用薬には、クリームやローション、シャンプーといった種類があります。
頭皮に使用する場合にはローションタイプやシャンプーが使いやすいでしょう。
ただ、ケトコナゾールは厚生労働省の認可は受けていますが「医療用医薬品」であるため、国内のドラッグストアなどでは販売されていません。

ケトコナゾールの価格相場と入手方法

ケトコナゾールは医療用医薬品で、ドラッグストアなどでは購入できないことをお伝えしました。
では、どうすればケトコナゾールが配合されたシャンプーやローションを購入できるのでしょうか。

入手方法は次の二つです。
まず、皮膚科などの医療機関で診断を受け、処方してもらうという方法です。
ただ処方はあくまで医師の判断によるものなので、受診すれば必ずケトコナゾールシャンプーやローションが購入できるというわけではありません。
心配な場合は事前に確認して受診されるといいでしょう。

もう一つの入手方法は、個人輸入する方法です。
インターネットの個人輸入代行サイトを利用するのが手軽で現実的といえるでしょう。
「個人輸入」と聞くと利用していいものか不安に感じるかもしれませんが、自分で使用するために輸入することは認められており違法ではありません。
しかし、副作用など健康上の問題が発生しても自己責任となってしまうので慎重に利用しましょう。

代行業者から購入する場合、価格はケトコナゾール2%含有のシャンプーが100ml1,500~3,000円くらいが相場のようです。
シャンプーは「ニゾラールシャンプー」、または「ニナゾルシャンプー」という名前で販売されています。
ローションは含有量2%のもので、相場は10g、1,300~1500円ほどです。
「ニゾラールローション」とジェネリックの「ケトコナゾールローション」がケトコナゾールのローションになります。
病院で処方された場合、3割の負担で済むので個人輸入代行サイトの価格よりは安く購入できます。

フケに悩まされているなら、まずは皮膚科の受診をお勧めします。
そして頭皮の状態とあわせて、ケトコナゾールの処方についても相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事