• ホーム
  • フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、男性型脱毛症の治療薬として人気があります。
フィンペシアとプロペシアは同じ効果がありますが、ジェネリック医薬品であるフィンペシアの方がはるかに安く入手が可能です。

ジェネリック医薬品は開発した会社が特許を取ってから一定期間が過ぎて、他の会社も同じ医薬品を開発できるようになったものです。
開発期間が短いのでコストも抑えることができ、必要な費用を大幅に安くできるメリットがあります。
厳しい試験をクリアしなければ販売できないジェネリック医薬品は安全性が高いのも魅力です。

フィンペシアはヘアサイクルの乱れによって髪の成長が未熟になった状態を改善します。
配合されている有効成分に即効性はありませんが、半年以上の継続使用で効果を発揮します。
この成分が脱毛を止められる理由は、男性ホルモンDHTの生成を抑えることができるからです。
男性ホルモンDHTが増加することで抜け毛も増えていくのが男性型脱毛症なので、フィンペシアの使用によって男性ホルモンDHTが減少すれば正常なヘアサイクルに戻せます。
人によっては発毛効果を得られることもあり、元々の状態に近いほど髪を取り戻せることもあります。
その効果を得るためには1ヵ月から2ヵ月程度では足りません。最低でも半年以上は続けることが大事です。

1日1錠を飲むだけですので、続けていくことは難しくはありません。
長期間続けて使用することでより高い効果が得られます。使用を始めてから1ヵ月から2ヵ月の間は初期脱毛という症状が出てきます。
これは新しい髪が作られていく過程において、休止期に入っていた髪が一時的に多く抜けている状態なので心配はいりません。
この初期脱毛に驚いて服用を止めてしまう人もいますが、途中で服用を止めてしまうと元の状態に戻ってしまいます。
新しく生えてくる髪は弱いのですが、使用を続けていくことで強い髪へと育っていきます。

フィンペシアの価格相場と入手方法

男性型脱毛症は人には知られたくない症状ですし、医者にも相談しにくいのも事実です。
そのために人に知られずに済む入手方法を探している人は多くいます。
フィンペシアは海外から個人輸入するジェネリック医薬品なので、安く気軽に入手できることで注目を集めています。

価格は販売店によって幅がありますが、相場としては30錠入りで2000円前後のものが多く、100錠入りで5000円程度がほとんどです。
複数購入することで割引が適用される販売店もありますし、円相場によっても価格が変わってきます。
フィンペシアはジェネリック医薬品ですが、成分を変えたり製造費のカットはしていません。
あくまでも特許代金がかからないという理由で安く提供しています。

効果が同じであることを考慮すれば、ジェネリック医薬品のコストパフォーマンスの高さは魅力的です。
フィンペシアは正式に認可を受けていないので入手方法は個人輸入しかありません。
最も簡単なのは個人輸入代行業者を利用することです。個人輸入代行業者を利用する際は難しい手続きは必要ありません。
一般的な通信販売と同じように購入することが可能です。個人輸入業者を選ぶ際には評判や信憑性が高い会社を優先しましょう。

価格はドルベースとなっていますので、為替レートによって変動します。円高の時に購入すれば安くなり、円安になれば高くなってしまいます。
海外からの輸入ですので、到着までは税関の審査も含めて10日から2週間程度はかかることを理解しましょう。
海外の商品に日本語の説明書は付属していませんので、あらかじめ確認しておくことが大事です。
また会社宛てにすると個人輸入とみなされないので税関を通過できません。

関連記事